Translate

2018年8月13日月曜日

古くから人々の文化が根付く高鍋の台地を知る

 高鍋町歴史総合資料館

高鍋城跡の舞鶴公園内にある資料館で昭和61年に開館しています。
 1階には、持田遺跡から出土した弥生から古墳時代の出土品から中世から近世の高鍋の領主と歴史がまとめられています。大変貴重な資料が展示されており、高鍋の歴史や多くの偉人を輩出したことがよく分かりました。
  岩下鍛治、盛久、盛令父子などの精鍛した刀も多く展示され、一振りごとに見入ってしまいました。
 豊臣秀吉や徳川家康の朱印状、上杉鷹山の書状や西郷南州の書、勝海舟の書など、大変貴重な資料も所狭しと展示されています。秋月種樹の印や正装なども堂々としていました。
 撮影禁止のため、画像でご紹介できないのが残念です。
 2階は高鍋の民俗を紹介する展示があります。特に蚕による生糸の生産が順を追って説明されていて、勉強になりました。

 さて、明治以降に秋月家の住居となった「萬歳亭」が復元して隣接しています。
 庭には水琴窟があり、涼しげな音色を響かせています。

高鍋藩のお抱え刀工、岩下氏の刀工鍛冶場の移築復元もあり、その雰囲気を感じる事ができました。
 資料館は有料です。大人210円、子ども100円。美術館や黒水家住宅との共通券もあるようです。
ぜひ、高鍋の文化と歴史に触れてみましょう。

#宮崎県博物館等協議会

2018年7月26日木曜日

旅を愛した国民的歌人の生涯を知る

若山牧水記念文学館

日向市東郷町の牧水公園内の文学館です。
川沿いの広々とした公園内に、木々に囲まれて建てられています。
広々とした館内には牧水について皆さんで集い、語らえるスペースも準備されています。

館内は撮影が禁止されていますので、概要の説明をします。
中は3つの展示室に分かれています。
第1展示室は若山牧水の生い立ちから生涯についての紹介をしています。
名医だった祖父が、坪谷の景色を気に入って住み始めたことなど、生い立ちがパネルで紹介されています。牧水が待望された男児であったことを物語る節句の幟(のぼり) は大変大きく、力強い墨書きです。もちろん牧水の遺墨も数多く展示されています。
また、川端康成直筆の文学館の看板も力強く、見ごたえがあります。
第2展示室は、東郷町の町長も勤めた歌人、高森文夫氏を紹介しています。中原中也とも親交の深かった高森氏について知ることができます。
第3展示室は特別展示室となっていて企画展を行なっています。

旅を愛し、人と自然を愛し、故郷の風景を愛すなど、深い愛に満ちた牧水の世界を堪能できます。県外からの来館者が半数以上のようです。
ぜひ、宮崎の皆さん、特に日向市の皆さんには、さらに親しんでいただきたいですね。

若山牧水記念文学館 HP 宮崎県博物館等協議会

2018年7月15日日曜日

偉大な漢学者 安井息軒を知ろう!

安井息軒記念講演会

「慶応義塾大学 安井文庫について」
講師:慶応義塾大学文学部人文社会学科 教授 高橋 智 氏
平成30年9月23日(日・祝)
会場:清武文化会館小ホール 定員:150名 
時間 午前10:30〜 入場無料
※当日受付可ですが、席に限りがありますので、なるべく事前のお申込みをお願いします。

平成30年度(2018)宮崎市安井息軒記念館年間予定http://yasuisokken.qcweb.jp/custom13.html 


 

2018年7月2日月曜日

威風堂々!大正時代の邸宅の魅力

会員館訪問 旧吉松家住宅

串間市の中心にある国指定の重要文化財です。串間市役所に隣接しています。明治から昭和の時代にかけて串間の政治・経済に大きく貢献した吉松氏の邸宅です。大正時代に建設された木造建築で、100年が経過しています。
主屋と白土塀の外蔵、内蔵が主な建物です。主屋の住宅は接客のスペースと、生活のスペースがはっきりと中庭で分けられています。

また、その部屋をめぐる廊下には10mを超える長さの太く立派な地元産の杉が使われています。 客間の障子や窓の上部には小窓があつらえてあり、風通しなどの機能性も高い様子が伺えます。広い客間で、多くの来客を招いて賑やかな宴が催されていたことが想像できます。
また、離れの茶室には、高価な黒柿の柱や、月見窓など雅な雰囲気も感じることができます。
 建築材に非常にこだわって作られたことがよくわかります。写真には撮影できませんが、室内にも、非常に美しく細やかな造りの仏壇と隣り合う神棚も鑑賞できるほか、串間地域の書簡も展示保管されています。
・東大寺大仏殿瓦木型:奈良の瓦職人であった石井氏が江戸時代の大仏再建に際して寄進した軒丸瓦の文様木型から東大寺の大きさを感じることができます。
・串間神社の神楽面10面:神舞祭(かんめさい)の面で1つは文明11年(1479年)の銘があり、500年以上前から串間の地でも神楽が舞われていたことがわかります。
・国鉄志布志線の開通に尽力した吉松忠敬氏の開通時の式辞には心動かされます。
吉松氏の書斎も凛とした雰囲気の中に、威風堂々とした主人の串間への愛を感じました。
生活空間では、この時代の生活様式がそのまま残されていて、懐かしさも感じることができます。家の中に井戸があるなんて、便利だったのでしょう。

 旧志布志街道沿いに威風堂々と建てられた旧吉松家住宅で、大正の雅な雰囲気を感じてみませんか?

旧吉松家住宅 HP http://misakiuma.net/yoshimatsu/yoshimatsu-top.htm


https://www.facebook.com/miyahakukyo/
http://www1.bbiq.jp/miyahakukyo/

2018年6月16日土曜日

Nojiri History Museum

Nojiri History Museum


This museum introduces the history and folklore of the area of Kobayashi, Miyazaki prefecture.This building is in the form of a castle.
This doll is a state of the arts handed down to the area.This dance was born in Japan 's Warring States Period.
Takamori Saigo distributed "Saigo tag" instead of money for the role of Southwest.There is an exhibition of that "Saigo tag".
This is a letter of Togo Hirachiro who served as Commander of the Allied Fleet in the Russo-Japanese War.He was also a Satsuma clan in Meiji era.
 Ancient pottery and stoneware have been excavated from Kobayashi area.
There are also exhibits of the old era swords that were excavated.
This museum is located in "Nigiriko Pia" at Kobayashi City Nojiri Town.
The landmark is the statue of the frog.

 #Nojirikopia #Miyazaki #Museum #Saigoudon #Tougou
http://www1.bbiq.jp/miyahakukyo/
https://www.facebook.com/miyahakukyo/

2018年6月15日金曜日

小林の古代から近世・現代が総覧できる資料館です。

加盟館訪問:野尻町歴史民俗資料館

外観はお城の姿をした野尻町歴史民俗資料館です。
小林市の施設で、カエルがお出迎えしてくれる「のじりこぴあ」の敷地内にあります。
館内は、小林地域の歴史や偉人、民俗・芸能、考古など幅広い展示があります。
 入り口を入ってすぐ、郷土芸能の紹介展示があります。躍動感のある棒踊りや鉦踊り、城攻め踊りの雰囲気が伝わってきます。いずれも、古くから受け継がれているようです。平家を追ってきた源氏の鉦踊り、朝鮮出兵から戻ってきた島津義弘の戦功を祝福した棒踊り、伊東氏と島津氏の城の攻防戦を表現した城攻め踊り、いずれも小学生が今でも大切に踊り継いでいるようです。
西郷札の現物の貴重な展示もあります。西郷さんが急場を乗り越えるために佐土原で作った西郷札が詳しく紹介されています。
 小林地域の昔の生活の様子を再現してあります。質素な中にも豊かな生活をしていたことが分かりますね。
 大事な産業の林業についての紹介もありました。
 小林の名誉市民があります。最初の名誉市民はソウルオリンピックに出場した大迫明伸五段だったのですね。当時の柔道着やメダルの展示もありました。
他にも小林市にゆかりのある品が展示されています。写真は東郷平八郎の書、南極の石と砂です。
2階の考古もとても充実しています。縄文から古墳時代の遺跡から出土した文化財の数々が展示されており、小林地域の特徴も解説されています。古くから、小林地域は人が生活する上で豊かな環境だったことがよく分かります。社会の教科書で写真で見た土器や石器が展示されていて興味深かったです。
また、力がある豪族がこの地を治めていたことも伺える出土品の展示もあります。小林地区の小学生もこの資料館に遠足で勉強しているようです。
のじりこぴあに遊びに行った際は、資料館にも是非、お立ち寄りください!

https://www.facebook.com/miyahakukyo/
http://www1.bbiq.jp/miyahakukyo/

2018年6月6日水曜日

佐土原の武士と住民の歴史と暮らしの魅力が満載です。

加盟館訪問:佐土原歴史資料館(鶴松館)

佐土原城の麓に復元されたお城が資料館となっています。
館内は撮影禁止(展示物の所有の関係)ですが、大広間については大丈夫ということです。
座布団に座って、お殿様気分で記念撮影ができます。
館内には、佐土原の石器時代から近世までの歴史資料や、佐土原人形などの民芸品が展示されています。

この地を治めた伊東氏と島津氏の歴史についても分かりやすく展示してあります。

中でも、錦の御旗のレプリカや西郷札の実物など、貴重な展示物が目を引きます。錦の御旗(レプリカ)の朱色は鮮やかで、当時、戦場で目立ったことがよく分かります。

さらに、まだまだ謎の多い佐土原城天守閣の、金の鯱の破片は、ロマンを湧きたてます。
写真でご紹介できないのが残念ですが、ぜひ、訪問してご覧ください。
ホームページでも、その様子は紹介されています。→佐土原歴史資料館HP施設紹介
城の移転に伴い、明治2年に取り壊された鶴松館ですが、平成元年に発掘調査が行われ、寛永期の武家屋敷で復元されています。建物も立派ですが、周りの庭園も趣があって、素晴らしいです。

訪問した日は、あいにくの雨でしたので、後日、山城を訪問してアップします。

#佐土原城,#佐土原歴史資料館,#佐土原,#宮崎市
https://www.facebook.com/miyahakukyo/
http://www1.bbiq.jp/miyahakukyo/